近年新しい投資として人気がある仮想通貨の一つであるイーサリアムは時価総額がビットコインの次いで2位で1000種類以上も存在する仮想通貨の中ではかなり注目されている通貨と言えます。

 

イーサリアムはビットコインと同じくブロックチェーンの暗号技術が使われているのですが、ビットコインと比較し機能を拡張しているのが特徴です。

ビットコインとイーサリアムは比較されることも多いのですが最大の違いはスマートコントラクトと呼ばれる技術が使われている点です。

 

ちなみにスマートコントラクトは取引での契約を自動的に実行、保存する機能がありこの機能を使用することでと、例えば誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されるの契約の実行内容がネットワーク上に保存されていきます。

 

ビットコインはブロックチェーン上で取引内容を管理しますがイーサリアムなら取引と同時に契約内容を管理することが出来るので中央機関を介さず契約内容を自動執行することが可能な点がメリットと言えます。

その理由は不特定多数の人が常時精査・監視しているので偽造や改ざんが困難で安全性が高いからです。

 

またイーサリアム(仮想通貨)のデメリット、注意点は仮想通貨の取引所が破産した場合やハッキング被害を受けた場合に法的な保証は現在のところありません。

なのであまり一つの取引所で仮想通貨を大量に保有しているとリスクが高いと言うことが出来ます。なので複数の取引所、仮想通貨を所有することでリスクを分散させる必要があります。