今までは電気は、地域の決まった電力会社と契約して電気の供給を受けるのが当たり前の事でした。

しかし、電力の自由化が起こり、決まった電力会社と契約しなくても新規参入してきた安い電力会社と契約出来るようになりました。

 

つまり、自分の家の電気を供給してくれる電力会社を自由に選ぶ事が出来るようになったわけです。

電力自由化が起こり、今まであった既存の電力会社も新規参入して来た電力会社も自分の電力会社と契約して欲しいので、今までにない魅力的なプランを次々に公表しています。

 

しかし、新規参入の業者と契約したら停電や電気の供給が不安定になってしてしまうのではないかと不安に思っている人もいるかもしれません。

しかし、停電や電気の供給が不安定になるような心配は、ありません。

 

その理由は、すべての電力会社の電気は今までと同じ、送電網が利用されますから、今まで通り電気は供給出来ます。

電力の自由化により、今までは競争する事が無かった電力会社に競争が起こり、利用する側からすれば、自分の好きな電力会社を選択出来る自由が生まれました。

 

誰でも自由に電力会社を選ぶ事が出来るのが、最大のメリットです。

プランも電力会社により多様化しており、インターネットなどとセット割引などのプランも登場して来ており、自分の家に合ったプランの電力会社を選ぶ事で、今までより安い価格で電気を供給出来ます。

 

ただし、電力会社を変更すると電気メーターの切り替えなどがありますから契約する前によく調べて契約する必要があります。